セラピストになるためには資格が必要不可欠

女の人

動物に関わるお仕事

動物

動物に関する仕事には、獣医師やトリマーなどがあります。獣医師になるには、獣医師国家試験に合格しなければなりません。トリマーは、スクールやペット美容室で勤務をしながら技術を学びます。トリマーには国家資格はありませんが、民間資格があります。

もっと見る

通学スタイルの講座

医者

医療事務講座は、医療事務に向けた資格取得のための学習を受けていく機関です。通学スタイルと通信教育のスタイルにわかれますが、大阪には通学による医療事務講座が定期的に開かれています。短期間で学習を終えていく内容となっているので、希望の時間帯を選んで効率よく学習していくことが大切です。

もっと見る

癒しの提供者として

ビンを持つ人

バリエーションが豊富で

昨今注目度が高まっているセラピストという資格は、沢山の種類があります。その種類やバリエーションは、細かく細分化されていますが、すべての分野に共通していることは、やはり心身や肉体の不調を癒すということです。それゆえに専門的な事柄を学ぶ必要があり、セラピストになるために資格を取得することも大切です。もっとも資格といっても取得するための方法は一つだけではなく、養成スクールや通信教育、研修やセミナーなど、さまざまな方法があります。よって自分の条件や好みに合った方法を選ぶことも可能ですし、別の仕事をしながらも資格取得に励むことも出来ます。ちなみにセラピストとして活躍するようになったとしても、やり方によっては別の仕事との掛け持ちも可能なケースもあります。

おもな分類は

世の中には数多くの種類のセラピストが存在していますが、基本的には大きく分けて三種類に分類することが可能で、ボディ系とメンタル系、エネルギー系があります。ボディ系はアロマテラピーやリンパマッサージなどが有名で、メンタル系では心理カウンセラーや心理療法士、エネルギー系は気功師などがあります。このように分類に関しても種類がいろいろあるため、資格取得に関してもその分類や種類によってさまざまですが、一般的に民間が発行している資格が多い傾向にあります。ちなみに臨床心理士の資格については、医師の指導の下に患者に対して心理療法や精神療法などの施術が可能となるため、セラピストの資格の中でも信頼性が高いとして認識されています。

子供たちの身近な存在

保育士

保育士の資格は子供が好きという気持ちとやる気があれば誰でも挑戦することができます。仕事で忙しく日中子供の様子を知ることができない保護者に、子供の様子を伝えることで感謝されるうれしい場面もあります。また、保育士の経験を自身の子育てに生かせるのも大きなメリットの1つです。

もっと見る