動物に関わるお仕事|セラピストになるためには資格が必要不可欠

セラピストになるためには資格が必要不可欠

レディ

動物に関わるお仕事

動物

獣医師になるには

動物が好きで、動物に関する仕事がしたいと思っている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。最近では、ペットを飼っている家庭も多く、動物に関する仕事も増えています。では、実際にはどのような仕事があるのでしょうか。まず、一番に思い浮かべる方が多いのは獣医師です。動物病院に勤務して動物の病気を治療したり、動物園や水族館に勤務している獣医師もいます。獣医師になるには、獣医学を学べる大学で、必要な科目を6年間勉強しなければなりません。さらに、国家資格である「獣医師国家試験」を受験して合格する必要があります。獣医師国家試験は、年に1度だけ2月の中旬頃に行われます。必須問題が50問、学説が160問、実地が120問、マークシート方式で出題されます。

トリマーの仕事

獣医師の他も、たくさんの動物に関する仕事があります。例えば、犬や猫を飼っている方ならお世話になることが多いトリマー。トリマーとは、ペットの美容師のことを指します。グルーマーとも呼ばれ、シャンプーやヘアカット、ブラッシングなどはもちろんのこと、耳掃除や爪の手入れもしてくれます。トリマーになるには、資格は必ずしも必要ではありません。トリマーを養成するスクールで学んだり、ペット美容室で勤務しながら技術や知識を身につけることが可能です。トリマーには国家資格はありませんが、民間資格が取得できるので、トリマーになりたい場合は資格を取得しておくと、就職に有利になるでしょう。自分がどのように動物と関わりたいかで、どんな職業に就くか決めることが大切です。